数学の講師

 今日も数学の塾講師を3名分しました。ですが、今月で1名退会するので、来月からは7名になります。更に、高校3年生が2名いるので、進路が決まれば退会になることでしょうから、早ければ9月には退会になるかも知れません。僕は、単なるアルバイト講師なので、退会者が出ても、自分の受け持ち分が減るだけですが、進路が決まっていないのに退会となると、「もしかしてオレの教え方が下手だったからだろうか?」と思ってしまいます。

 行政書士の仕事と比較しても、行政書士に関することは研修に参加したり、本を読んだり、先輩の方々にアドバイスを求めたり、色々努力をしてます。ですが、数学の講師は自分で予習するのみで、他者の影響を受けてのレベル向上は、youtubeを観ての研鑽くらいなものです。元々の求められている水準にはなってきているのは感じますが、今年度になってからこのままでいいのか、迷いがあります。①塾講師はあくまでも副業なのだから、これに割く時間を増やすのは得策ではない、②副業と言えど、収入を得ているのだからレベル向上を意識すべきだ、の二つです。自分のビジネス、という観点からすると、迷わず①なのだろうな、とは思っているのですが…。

 せっかく時間を投入しているのだから、数学が行政書士の仕事に何かリンクできないものか、とも思ってます。動画で数学の授業をするではなく(そんなことは本職の先生がいますから)、何か、他の行政書士とも数学の講師とも「差別化」できるもの、そんな都合の良いものを探しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です