孤独のグルメ

 10月から「孤独のグルメ」と言うドラマの新シリーズが始まる、とネットでニュースが出ていました。人気のあるドラマで、視聴率が期待できるからでしょう、youtubeで、いくつかの動画が期間限定でアップされています。僕も、このドラマは好きで、10月からの新シリーズは楽しみです。

 「孤独のグルメ」は、主人公がおいしそうにたくさん食事をするのが番組の中身なのですが、実は、一つ気になっていることがあります。主人公の1回あたりの食事代はいくらなのか、と言うことです。設定は「輸入雑貨商」という職業です。ドラマでは、チェーン店やファーストフード店で食事はしません。行動範囲はほぼ、首都圏内です。つまり、食事の量と行くお店から判断するに、1回あたり数千円の食事になると思うのです。主人公は、食べるものを決めるとき、値段では決めず、「何を食べたいか」で決めます。場合によっては、迷っていたもう一品の方も追加で頼むくらいです。

 僕は、これがとてもうらやましいです。食べている物が何か、ではなく、「食べたいものを食べる」ことが出来ることに、です。しかも昼食なのです。僕自身は、外食勤務が長かったせいか、昼食にあまり重きを置きません。コンビニのおにぎりやサンドイッチも好きです。でも、値段を気にせず「食べたいものを食べる」のは、うらやましいです。そうなれるようには、収入どのくらい必要なのかな、と穿った見方で見ているくらいです。そういう意味で、「井之頭五郎」に憧れを持ってます。10月からのドラマも観るときは、その羨望で観るでしょう。「いずれはオレもそうなりたい」と思って。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です