夢をコミットメント

 僕の行っている教会から仕事をいただきました。10月22日の日曜日のことです。ですが、9月はずっと、農地法の申請に追われ、同時に高校数学にも追われて、依頼された内容について調べることが出来ませんでした。1日に最終的な追い込みをかけられていて、ですが、これで本当に一段落だと思ったので、教会の司祭様(牧師です)に電話をして、今日詳細を聞きに行きました。いつも通りですが、新しく取り組むジャンルなので皆目見当がつかず、「どうしたいのか」と連絡すべき官公署を聞きました。

 その後、僕は聖職者になりたい希望があることを司祭様に話しました。今回の仕事に若干関係している部分がある、と思ったからです。非常に喜んでいただきました。自分でも希望を話すことが出来たのは嬉しかったです。ですが、同時に「この夢からは目をそらすことが出来なくなった」とも思いました。司祭様を通して神様にコミットしたようなものだと思いました。今まで、結構カッコいいこと言いながら出来そうにないと、すぐに逃げてしまう自分がいました。なので、この夢だけは逃げずに真剣に挑戦するため、いいコミットメントだと思ってます。良い決断をしました。

 成年後見に関わる行政書士、教会の牧師、認知症の人と家族の会、いずれも同じ方向を向いていると感じます。しかも、いずれも多くの人はあまりやりたがらない方向のジャンルだと思います。だから目指す方向として間違っていない、と思います。収入を上げながら、ブレずに進んでいきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です