「SEO対策」らしい営業の電話

 昨日、電話当番の最中に「SEO対策しませんか?」と言う電話が某業者からかかってきました。以前にも断ったことのある会社なのですが、まあ営業だから断られたことなど気にすることもないのでしょう。昨日はその営業の相手をする余裕はなかったので、今日電話を受けることにしました。

 まあ予想通り「良いプランがある、今ならお得な金額で提供できる」と言った内容でした。そういう内容には僕なりの「反撃フレーズ」があります。まだ、そのフレーズを打破してきた業者は無いので、今回も言いました。やはり打破には至りませんでした。もしも、僕の「反撃フレーズ」を打ち破る提案をされたら僕はまじめに話を聞きます。なので、断るためだけのフレーズではないのですが。

 もっとも、「行政書士だから遺言・相続について言っときゃ食いついてくるだろう」的な提案は甘いです。もっと言うと、「成年後見」「民事信託」の言葉自体知らない業者の担当者でした。「民事申請‥ですか?」と聞かれました。その瞬間、その業者のレベルがわかったように思います。確かに「食えない行政書士」は多いし、僕もまだその仲間です。ですが、途中からは「なめんなよ」としか思えませんでした。マニュアルを見てのトークだと思うのですが、今まで「成年後見」や「民事信託」を聞いたことはないのでしょうか?信託銀行もあるのに?知らないのは仕方ないです。でも、単に自分の側の売り込みだけではなく、相手の言葉も丁寧に聞かなくてはならないと思うのです。反面教師として、この業者さんに教えてもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です