コスモス専門研修会

 コスモスの福島県支部の研修会があり出席しました。「中核機関」についてある程度理解できた気がします。相双地区にも「中核機関」をおけるのだ、と。会津地区の動き、「あいづ安心ネット」の設立と、南会津町の動きについても発表がありました。会津支部の会員は、コスモスの前身の「ガーディアンズ」のころから地道な活動をしていたのだ、とも。なので、僕が相双地区の各役所・役場の福祉担当者や包括支援センターに挨拶回りをするのは、やはり必要なことで、その後の営業活動の作戦を考えなくては、と思いました。色々な介護施設を1つ1つ丁寧に回ったり、コスモスの活動に関する資料を自分で作り、2度目の訪問時に配布するとか、等です。動いている「フリ」だけではなく、本当に「本気で」動いてみようと思います。

 自分以外、相双地区に会員はいない、しかも「行政書士でも成年後見制度に関われるの?」と聞かれるほど認知度が低い、つまり会津地区や郡山地区に比べると大きくハンデがあるわけです。ですが、今日の研修で色々な人の話を聞きながら、「誰も先駆者がいない、と言うことは自由にやれるという意味もある」と思いました。行政書士業務としても結果が出ていないので、近道をしたいと思ってしまいます。ですが、地道な活動で実力をつけた方がいいと気付いた訳です。改めて「後戻りはできない」覚悟をして進もうと思う次第です。突き進むしかないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です