事業承継業務に2つの「投資」

 今日、この本を購入しました。業者の担当営業の方が加除式の書籍の差し替えをしている間、「良ければ見て下さい。」と3冊用意してくれた中の1冊です。購入するかどうか迷いましたが、こちらの会社で出版している事業承継に関する書籍はほとんどない、とお聞きし、「そうするとこの本は事業承継に取り組もうとしている士業の中では、ある程度『スタンダード』になり得る」と思い、購入を決めました。全く事業承継に関しての問い合わせなどないにもかかわらずです。その本の購入を迷っている時から、購入するなら事業承継のセミナーに参加しようとも考えていました。以前に、船井総研のメルマガで、事業承継に関してのオンラインセミナーの案内を見た記憶があり、良いタイミングだから申し込もうと思ったのです。そこで、2月13日のオンラインセミナーを申し込み、2つの「投資」となった訳です。

 「投資」を決めた時から「毎月何らかのセミナーに参加する」を目標の一つにしました。これで2か月クリアです。正直なところ、行政書士会(福島県会)の主催する研修は、受けても意味ないな~、と思っていました。(県の理事で、しかも企画開発部に所属しているので、本当は言ってはいけない発言ですが。)委託業務でも、商工会の案内を見ても、事業承継はある種のトレンドだと思います。今年の終わりまでに、1件は事業承継業務を受任出来ているよう動こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です