成年後見業務

 ここ3ヶ月ほど、月に1回程度成年後見制度に関しての相談を受けてます。今週も直接僕自身に、ではありませんが、後見業務に関しての質問を受けました。質問は受けるのですが、残念ながら受任にまでは至っていません。僕は行政書士会のコスモス成年後見サポートセンターの会員です。相双地区でただ一人のコスモス会員です。そういう状況のためか、家庭裁判所から後見人に指定されたことがありません。コスモスとして「後見候補人名簿」を家庭裁判所に提出しています。もちろん、その中には「中村賢治」も入っているのですが、いまだにご指名がありません。まあ、実績がないからでしょうけど。

 そのため、時々ですが、営業活動は実施していました。コスモスのリーフレットやパンフレットを配って歩く程度ですが。オレンジカフェで2度、時間を貰って成年後見制度の説明をしたこともあります。そういうレベルの努力でも問い合わせは頂きましたので、やはり営業は大事だと思います。特に成年後見制度は需要のある分野、との認識は変わらないので続けようと思います。

 今週の質問も、後見業務の受任につながるかどうかは不明です。ですが、この「相談」や「質問」がいずれ受任につながるのだろうと思っています。だとするならば、その頻度を上げればいいのでしょうが、そのために宣伝広告を意識してます。事務所近くに看板を設置しようかな、とか、SEO対策は必要かな、という具合です。やはり「投資」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です