新しい仕事

 今日、新しい仕事が始まることになりました。営農の仕事です。農地法の3条・4条・5条の許可申請はやっていますが、営農はやったことがありません。軽く調べてみても、中々ハードルが高いようです。ですが「新しい仕事」として触れたいのはそこではありません。

 昨日、今回の営農のお誘いを受けました。依頼件数の多い事業者で、中村の住んでるエリア(相双地区)での発注も多いらしく、チームを組んでやらないか、との提案でした。提案してくれたのはいわき市の行政書士です。いわき市の行政書士2名と僕の併せて3名で、チームであたる予定です。少し前に「法人化して仕事してみたら?」とある人に言われたことがあります。その時は全く考えもしませんでしたが、今回の提案を聞いた時に、その話を思い出しました。提案した行政書士には話していませんが、チーム参加を決めた一番の理由は、「行政書士法人を設立した場合」のチームワークをシュミレーション出来るかな、というものです。高難度の業務を処理できるようになれば一人でもいけるのでしょうが、やはり結果を出すためには、法人の方が良いだろう、と思うのです。

 動き始めると色々と課題が出てきました。チームとしてはもちろんですが、僕自身においても、です。昨年から消化しきれていない業務がたまってきている上に、数学の授業も増えてしまいました。現役高校生時代に断念した、「微分・積分」分野です。つまり、またもや「70分の授業のために、予習2時間」をしなければならなくなった訳です。その上でやったことのない営農もする、つまり時間の使い方を上手くやらないとパンク、なのです。新しい仕事、イコール、新しい挑戦です。「楽しみだ」等とカッコいいことは言えませんが、頑張らないと!とは思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です