令和2年度終了

 僕が今抱えている「急いでやらなくてはならない事」をリスト化したところ、今、6項目あることがわかりました。21日辺りに作業した結果です。その中で①農地法は他士業の方の進展後でないと進まない ②貸家をしているのですが、「爆弾を埋設」したような気持ちですが強引に推し進めました ③確定申告、実はまだです(これがヤバい) ④貸家の罹災証明申請しなくてはなりません 特に③と④は、4月15日までなので本当にヤバいです。後2つ、⑤農地法3条許可が降りたものを登記(司法書士に仲介)、これは依頼者が1ヶ月ほど入院していた都合があり、正直なところ止まっていましたが、来週進めます。そして最後の⑥法定相続情報証明制度、これがずっと難問でした。過去にも1度作成したことはあるのですが、単純な相続だったのでてこ釣りませんでした。今回は、被相続人に直系の相続人がいない事、兄弟が多いこと、しかも既に亡くなっている兄弟もいること、そのため代襲相続が発生していること、北は青森県、南は長崎県まで相続人がいること、そのためとても苦労しました。また傍系の代襲相続は一代限りなのを実は知らなくて、それもてこづった理由の一つです。正直なところ、とても時間がかかりました。かけてしまいました。やはり委託業務を月に10~15日の間で実施していると、行政書士業務にばかり時間がさけなくなり、その間に緊急の依頼も入ったりすると、そちらを優先するため、後回しにしたり、でした。それが、今日ようやく終わりました。法務局から申請書類が出来上がった連絡を貰ったのでした。

 令和2年度も今日で終わります。この1年は委託業務の開始から始まりました。やる前にぼんやり「こんなことをしてみたいな」と思っていたことを、委託業務をすることで整理が出来て新たにしたい業務も見えてきました。それが事業承継です。上記の6項目にめどがつきました。事業承継に取り組めそうになってきました。成年後見制度から始まって、民事信託ときて、事業承継を今は取り組みたいと思っています。令和3年はここから始めようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です