ボランティア講座と仕事について

 明日の午後、このボランティア講座に参加します。「防災」について興味があるのはもちろんですが、「何か仕事に繋げられないかな?」という営業的魂胆もあります。仕事、営業、イコール自分の仕事ではありますが、そればかりではありません。行政書士会としての仕事、すなわちどこかから「業務委託」に繋げられないか、とも思っています。

 僕自身、現在、業務委託の仕事もしています。この仕事は、収入面で僕を支えてくれていますが、同時に業務面でも僕に大きな影響を与えてくれています。以前にも書いたように、自分がやろうと思っていたことを学ばさせてくれるからです。自分が受け取っている「恩恵」を自分一人で終わらせないようにするため、「枠」を増やしたいのです。

 開業して5年経過しました。相双支部でもそろそろ、「新人」ではなくなりました。立場的にも支部の副支部長、県の理事と肩書きは立派です。だったらその立派な肩書がある間に、何か仕事を引っ張ってきたい、そう思います。仕事があり、収入がある、これは、特に新人を勇気付けるはずです。幸運なことに、自分にそのバトンが回ってきて、受け取りました。であるなら、そのバトンを後続の者に渡したいと思います。オレも変わったなぁ~。人間らしくなってきた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。