仕事の「達成感」を確認するために

 行政書士として書類を作成し、官公署や金融機関、依頼主に提出するとそれで「一件落着」となる仕事を多くの場合してきているのですが、未来の自分に、「オレはこんな仕事をしてきたんだぞ」と振り返ることが出来るように、農地法5条申請して、許可の下りたところを携帯の写真に収めてきました。僕はまだ、建設の仕事をしたことがないので、建設や土木のような「目に見える」実績がありません。車庫証明は、申請時に現地確認しますが、証明が出た後に再度確認に行ったことはありません。ですので、今日、少し時間があったので写真を撮りに行きました。

同じ土地を少し方向を変えて撮影しました。場所が特定されないようにしたつもりです。

  なぜ、こんなことをしようかと考えたかと言うと、昨日の投稿にも書いたように、停滞していた案件が俄然動き出しました。やったことのない仕事をタイトなスケジュールで取り組むとなると、またまた心のコントロールが難しい場面に出合いそうだ、と思いました。その心が折れそうになったときに、こういう写真が、「頑張った先にはこう言う『未来』が待ってるんだぞ」と、自分を励ます材料になると思ったのです。この2年間で、一番のモチベーションになるのは「自分自身の進歩が見えること」だとわかりました。決して「成功哲学」でも「成功者の与えてくれるやる気」でもありません。それらはすぐに消えてしまいますから。だったら、心で感じるだけでなく、具体的な、視覚的なものが役に立つのでは、と考えたのです。

 実際には、まだ転用の目的の作業は始まってはいませんでした。ですが、数か月後には、ここに5条申請の目的物が出来上がっているのか、と思うと、少し楽しみです。今後もたまに覘いてみて、進捗状況をアップしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です