再び電話相談員に

 昨年6月から8月にかけて、福島県行政書士会のコロナに関しての電話相談員を拝命しました。毎週木曜の13:00~16:00までが相談の時間で、実際に電話を受けたのは1回だけでしたが、拝命していました。その時、火曜日は別の支部の行政書士が担当していて、週に2回の電話相談を実施していました。

 今日、事務局から電話が来て(その前フリで県の副会長兼相双支部長からも電話があり)、2月7日で飲食店が時短解除になった場合の、協力金請求の相談員のオファーが来ました。明後日の3日から始まる予定です。委託業務で第3次補正予算可決後の中小企業事業再構築補助金については、少し調べていたのでそちらは返答できるかな、と思えるのですが、実は委託業務であまり飲食店を担当していないこともあり、何の書類が申請に必要なのかよく把握していません。なので、明日調べないと相談員業務がスタートしてしまいます。すぐに電話がかかってくるとは思いませんが、それでも「備えあれば憂いなし」です。

 1月は、正直なところ、身体的・精神的な疲れもあり、終えきれていない仕事が結構あります。2月から数学の授業が1枠増えました。その上、スポットながら上記相談員業務もあります。確定申告の準備もあります。無駄なことに時間を浪費してタイムロスするのが一番疲れるとわかっています。今月は集中して仕事に取り組みたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です