令和3年度が始まりました

 「始まりました」と言いながら、もう4日が経過して相馬市でも桜が散り始めた、そんな季節です。さて、前回の⑥の法定相続情報証明制度は、ようやく終わらせました。もっと早くに終わらせることが出来たのではないか、そう思います。もっと集中して「やる気」を大事に持続させて、時間の配分を考えて,,,と、いくつも浮かびますが、一番の問題点は経験不足・知識不足です。実際のところ、今まで経験した相続業務よりははるかに難易度の高い内容で、法務局でも即の回答が出ない場合もある内容でした。新人行政書士が「遺言・相続分野で頑張りたい」的な発言をするのを結構見かける気がします。ですが、相続業務は「争族」等と揶揄されるように、案外難しいジャンルだと思います。改めて実感しました。⑤の司法書士に仲介して登記を完了させる、こちらも進展しました。ゴールが見えてきました。それらに反して③の確定申告は、相当ヤバいです。自分で作成したものが結構違っていたり、使用しているオンライン会計ソフトは、メールでの質問を受け付けなかったり、正直なところ、かなり危険な状態です。今日、相馬市商工会議所に教えてもらいに行った結果、ゴールはまだまだ先だとわかりました。

 さて、それ以外に、再度成年後見業務に関して問い合わせを貰いました。問い合わせを貰うだけで中々受託までには至らないのですが、相談された方は、今年1月4日の商工会議所の広告に載せてもらったのを切り取って持っていてくれました。やはり広告を出すのは大事なようです。SEO対策等、「お金がないから」と自分には関係のない世界、としか思っていませんでしたが、やる方がやはり良いようです。建設関係の仕事も来ました。ただし、こちらは先週金曜日に「建設の許認可に特化した行政書士を紹介する」と言っていた話がありその続きなので、紹介する形です。今のところ、お二方頭にあり、そのどちらかの方にご依頼、となると思います。

 ある程度、6項目にゴールが見えていきました。なので、やろうと思っていた事に着手できそうな状況になってきました。やろうと思っていた事については、別の機会に小出しに書いていこうと思います。今年度は楽なことを選択するのを我慢しようと決断したら、慢性的疲労に精神が耐えられるようになりました。精神は肉体をコントロールできる、それを実践していこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です